キャリア制度

指導員対戦

人事評価制度の3つの要素

  • チーム体制

    個人ではやり遂げることのできない大きな仕事を、メンバーの協力によって成し遂げるためにチーム体制を取っております。
  • OJT制度

    実際の現場を通し、業務を覚えてもらいます。今後必要になる知識やスキルを先輩や教育担当者から学ぶことができます。
  • マニュアル

    分からないことがあればすぐに調べることができるようにマニュアルを作成しております。

安心の教育体制

各実技実習(買取、販売に伴う仕入れ、写真撮影、データ入力等)では、現場のリーダークラスの指導員が専任で指導にあたります。専任指導員は実技指導だけでなく、指導を通して社会人としての人格形成教育や精神面でのサポートも行います。将来の現場を担う人材が指導員として選出されますので研修生とともに指導員も育て、ともに成長するという目的もあります。

教育担当の先輩

入社スタッフはほとんど全員が業界未経験者です。そのため、まずは業界の事を知ってもらうところから丁寧に説明させていただきます。それをふまえた上で、実際の業務についてもしっかりとその人に合ったペースで業務を進めていきます。また、定期的な1ON1ミーティングを設ける事で、わからない事や不安な事を無くして、伸び伸びと働く事が出来る環境作りを心掛けています。

育成のゴール

STSTの事業は、まだ始まって間もない事業ではありますが、年々増収増益を続けております。そして、事業の拡大にともない早い段階で部門責任者としての活躍を目指せる教育も行っております。会社理念にもありますが、創造性をもって業務に取り組み、常に新しい発想を取り入れながら部門長、事業本部長として成長していける環境作りをめざしています。

キャリアステップ フローチャート