一条とは

ご両親・先生に向けたご挨拶

ご父兄の皆様へ

大切なご子息、ご息女をお預かりするうえで
株式会社一条の代表として、
以下のことをお約束申し上げます。

  • 私たちは、人財が最も大切だと考え、愛情をもって教育・指導します。
  • ご入社後のご子息・ご息女を、誇りある人材に育成します。
  • 安定・健全の経営に幹部が一丸となって邁進いたします。

一条では、大切なお子様を自立した社会人、そして夢のある人への成長を期待しながら、“元気、意欲、愛情”の行動指針に沿って、さまざまな育成プログラムを実践しています。
また、社員全員が家族のようにお互いを尊重し、時には厳しく愛情を持って接する中で全員が成長することを願っています。育成プログラムの具体的な例としては、責任者による考課面談にて親身な課題設定を行い、マンツーマンの面談では責任スタッフが主体性を持ってキャリアアップできるようにサポートしています。就職する企業を検討する上では、業界や規模、職種など、重要視する項目は多岐にわたるでしょう。しかし、長期的な視野で見ると、企業はいつどのように変化するのか分かりません。

一条は、現時点の表面的な情報のみではなく、会社のスタッフに対する思いも大切であると考えます。
そして、スタッフ全員が幸せになることを何よりも強く願っています。その思いを基に、全力で育成をサポートしてまいりますので、ご父兄さまにおかれましても厳しい目、そして暖かい目で当社を見ていただければ幸いでございます。

代表の想い

「究極のエコ活動」を推進します。

20世紀の後半、地球温暖化が指摘され、環境への影響が懸念されるようになりました。夏の酷暑や相次ぐ大型台風の上陸による大きな被害といった形で、地球温暖化の影響を実感するようになってきました。環境問題という物は私達のような一個人が必死になって行動したところで大きな変化をもたらすことの出来るものではないのかも知れません。しかし、個々が少し意識を変えて少し行動する事により改善することが出来るのではないでしょうか。 現在、私達のライフスタイルは大量消費を前提とした生産・流通システムの上に成り立っています。
この為、私達は少し古くなった「まだまだ使える物」を簡単に捨ててしまいます。もちろん、リサイクルに回される物も多くあります。しかし、リサイクルでは元の物全てを完全に再利用することは出来ません。 そこで今、注目されるのがリユースです。リユースとは「まだまだ使えるものをそのまま有効利用する」ことです。また、リユースはお財布にも優しいという大きなメリットも存在します。 一条はリユースを最も環境にやさしい「究極のエコ活動」と捉え、社会への貢献、社員の幸せ、お客様にはより質の高いサービスを提供するよう努めてまいります。
チャレンジできる環境です!

事業責任者の想い

あったらいいなを実現

私たちは、こんなサービスがあったらいいなを実現し続け、より便利なサービスを追求し続ける事で、社会、市場にとってなくてはならない存在であり続けたいと考えております。
また、向上心とやりがいを持って、チャレンジを恐れず挑戦できる環境作りにも力を入れております。ここで働いていてよかった、ここで働きたいと思える様な事業作りを行いたいと考えています。
本来、価値がないとされるモノにストストを通じて新たな価値を見出し、必要なお客様へと提供する事で世の中にある不要品の削減に繋げていきます。

一条が求める人物像

  • 素直,プラス発想,勉強好き
  • Aという情報をAと受け止めるのが「素直」
    すべてをあるがままに受け入れる柔軟さ

    過去オール善・他者オール肯定
    あらゆるものに感謝し、前向きに考える心

    自分の無知を認めることから始まる
    「知らないこと」を追求し、吸収しようとする姿勢